Greek

Egypt

Norse

Atlantis

オーディンガイドの和訳

原文 AoTSanctuaryAoMHheaven
筆者 NoFx_Deano
例によって意訳ですので間違い等あれば報告お願いします

紹介

オーディンはAoMの数ある主神の中でも、
戦略の幅が広く、とっつきやすい文明のうちの一つとして知られている
しかし、マスターするのはとても難しく、高レートになるのは容易ではない
このガイドの目標は1600台のオーディン使いが1700に、
1700の人が1750+になれるように役に立ててもらえることだ
このガイドを通して私が説明しようとしているのは、
相手の行動の読み方、それに対する作戦の立て方、
アトランティス・ギリシャ・エジプトを相手にした時に北欧が抱える問題と、
それに対する対処の仕方といったところだ
また、荒らし、ラッシュ、即英といった戦術や特定文明、特定マップにおける戦略等、
そういった話も交え、読む前よりも勝率が上がってくれれば喜ばしい事だと思う
最後のほうにこのガイドにおいて話す様々な戦術を実際にやったリプレイを添付しておく
私(NoFx_Deano)はできる限り順序などを系統立てて説明していきたいと思う
高レベルのプレイヤーにとっては既に知っている事ばかりなので読む必要はないだろう

時代

以下ではまず4つの時代の概観を見ていく
どんな状況ではどんな従神を選択するか、効果的なユニットの組み合わせ、
そして普段はその時代を通して何をするのかを見ていこう

原始時代

これは言うまでも無く大部分の基礎となる時代なのだが、
マップや敵、スタート直後の状況によって原始内政を調整せねばならず、
より一層の注意を必要とする時代でもある
まあ、多分読者の方がここで聞きたいであろう事はわかるが、実はそれが一番困り所だ
それはほぼ間違いなく原始内政の話であろう
私自身は基本的な内政パターンを持ってはいるが、ゲームによって変わる事が多い
相手がするであろう事に対して対応するため、
マップと相手文明によって思い切って内政パターンを変えている

どうやって調節するかを決めるためのまず最初の判断材料はマップだ
例えば、湿地やツンドラ、アルフヘイムなら最初から狩ができるので、
すぐに猟犬研究をして動物の群れに大猟を使い、最初の農民2-3人で狩りを始める
そして最初の動物の群れに大猟を使い狩りを始める
もしマップが水路やサバンナの場合には狩りをする事を考えつつ始める
が、これらのマップには大型動物が多いことに注意しなければならない
特にサバンナでは最初に見えるのが鶏とサイ×1〜2となっている事が多い
こういう場合にはすぐに狩りに向かわないほうがいい
というのもサイを狩るのはそう簡単ではないからだ
もし上手く操作できるなら農民3人で狩ってもいいのだが、お勧めはしない
失敗すれば農民を失う事になり、リスクが大きい
最初は鶏を取りにいき、4人目の農民が出てきたところで狩りにいけばいい
牛車を盾になるように使う事を忘れずに

ミズガルズ、アナトリア、高地といった海マップに対応するのはそれほど難しくない
丁度良い時間に古典に入れるよう4-6人に狩りをさせ、
普段より少し多めに木材を取るようにしていけばいい
しかし、地中海だけは私を含む多くの人にとって難しいマップではないだろうか
というのも時に狩猟が全くできなかったり、できても少しだけの事が多いからだ
私見だが、これはつまりオーディンの最も有益なボーナスを活かせないという事になる
しかし、ゲームが始まってしまえばこの事実に向き合わなければならない
私がしばし取り組んでいるのは、
a)最初に2〜3人で家畜を食べさせる
(もし家畜を大量に得たい場合は最初鶏に向かわせて家畜が貯まってきたら大猟を使う)
そして普段と同じ位かそれより多めに木材を取らせ、原始後半に二個目の港を建て、
普段より少し遅めに進化し進化中に三つ目の港を建てる
a)を選ぶのが普段は最適だが、相手がエジプトの場合はブームも考える

私が今まで教えてきた多くの人達が言うには、
相手によって対応を変えるのが一番難しいようだ
もし相手が何をしようとしているか、また何をしそうかを知っていれば
より簡単に対応できるし準備もしやすい
以下はクイックにおける相手の戦略や特性に対する準備の仕方の概観を挙げていく

オーディンやトールの場合
荒らしや場合によっては早期ラッシュもありえる
マップをよく見て探索していきたいところなので、
原始の間に2人目のウルフを作るとやりやすい
早めに進化する
丁度いいのは4:40〜5:50位の古典入りだ
相手を荒らし返したいならフレイヤを選び、ワルキューレとレイダー用に多めに食料に振る
もしオアシスのように食料の少ないマップであれば、
早めに畑に移行できるように木材を少し多めにする
もしラッシュをする場合、もしくはされた場合は、
食料を少し減らし木と金に多めに割り当てる
そしてラッシュをする場合にはヘイムダルを選択すればいい
どちらの場合にしても、資源が許せば古典入り中に手斧とツルハシを研究する

ロキの場合
相手は99%ラッシュをしてくるだろう
そしておそらく10回中9回は負ける事になると思う
普段のやり方では負ける状況になるのは必至だ
ヘイムダルで進化し原始の間に2人目のウルフを作り、相手の神殿建設を見つけ阻止する
木と金に多めに振るのが重要だ
手斧とツルハシの研究は少し遅らせるのが普通だが、
エインヘルヤルを沢山出したい場合にはツルハシだけは研究しておく事をお勧めする

ギリシャの場合
おそらく相手はトクソテスを沢山出してくるだろう
なので一番良い選択肢はレイダーのために食料と金を多めに割り振る事だ
しかし、ロングハウスを建てるのと早めにTC建造をするのに十分な木材は必要だ
進化中に必要な木材を集めるのをおろそかにしてはいけない
私は対ギリシャ戦の場合原始に5人を木材にあて、古典入りしたら更に少し振るようにしている

エジプトの場合
ラッシュを受ける事はあまりない
ブームや即英が最も一般的な戦略だ
原始のアドバイスをすると普段より少し遅めに進化し、5:10-5:20位に古典入りする
そして2〜3個ロングハウスを建てたら2個目のTCをとりに行く
そのために原始の間に5〜6人を木に割り振り、古典入り中に全ての経済テクを研究する
ここでもフレイヤを取るのがいいだろう

アトランティスの場合
早めの進化をする
4:30~4:40が私の通常の進化時間だ
もしこれより遅れると、クロノスであれば既に負けているだろうし、
ウラノスであれば経済ユニットを削り取られてしまう
食料をかなり多めにしてヘルシルとウルフサルクをメインに、
少しレイダーとワルキューレを混ぜるように軍編成をする
私はまた、木にも重点を置き、タワーを沢山建てるのをお勧めする
今回もフレイヤがベストな選択だ

古典時代

フレイヤ:
荒らしをする場合や弓を大量に出してくる文明(ハデスなど)にはとてもいい従神だ
既に述べたように、フレイヤをとる場合には食料に多く割り当てるようにし、
ワルキューレとレイダー騎兵を出し続けて荒らしたり軍隊の側面からぶつける
また、フレイヤは海マップでも便利だ
森を燃やし、ワルキューレで荒らし、漁船で食料を多く得られる
フレイヤで進化する場面は、大体海マップでの場合と、
射手を作ってくる対ギリシャ、エジプト、アトランティス
そして荒らしを仕掛けてくる場合のトール、オーディンだ

ヘイムダル:
エインヘルヤルが使いやすい
私としては他にいう事があまりない
ラッシュをしかける場合、特に対北欧ではヘイムダルでいくが、
しかしながら私は例外的に対北欧以外でも行う事がある
ヘイムダルで進化する場面は、
食料が少ない場合、対ロキやその他ラッシュを仕掛けてくる場合
タワーラッシュを仕掛けてくる場合(侵食で対応)、
タワーを使った戦略を行う場合(例えばタワーラッシュ)

この時代ではマップコントロールが本当に重要だ
私がオーディンを好む理由の一つに、
私がやろうとしていることの選択肢が存在しているからだ
フレイヤで進化し経済力が身につける一方で荒らし続けたり、
ヘイムダルでラッシュを仕掛け、その他の部分をロングハウスやタワーで押さえたり
更にこれらの戦略を組み合わせたりして相手を困惑させる事も可能だ
フレイヤで進化し前のTCをタワーで守ったり、金鉱を守るように使う事もある

古典中に心に留めておいて欲しい事

-農民を出し続ける
もし自動生産を使うというならそれはそれでいいが、私は使わないほうを選んでいる
どちらにせよ重要な事は、TCの生産が止まってる時間を0にする事だ
そのほうが長い目で見ると有利になる
もし2つTCを建てたらその両方で生産する
農民が70人を超えるまでは生産を止めないほうがいい
普段H2Hで私は80人以上作るのに懐疑的になる事があるが、時として作るようにしている
その辺りは状況によりけりだ

-テクノロジを研究する
資源を余るほど沢山手にし、人口リミットにも達し、全くテク研究をしてない
そんな状況を私は数え切れないほど見てきた
これは資源の無駄だ
ひょっとしたら一番の問題は、何時テク研究をすればいいかわかってないのかもしれない
が、私の意見としては、テクアップが遅すぎるよりは早すぎるほうがいいと思う
優先度の点から見ると、資源を手にしたらまず経済テクノロジを研究し、
人口リミットかその近辺に達したら
鉄工所の研究、ユニットのアップグレードとやっていくのがいい

-軍隊を出し続ける
私にとっては当たり前の事なのだが、人によってはまだそうでもないようだ
軍隊を出す必要性を特に説明するつもりもないが、知っておいて欲しい

-資源がある場合、それを使うという事
もし木が余ったら相手の金鉱近くにロングハウスを建てたり、畑を張ればいい
もし食料が余ったらとりあえず農民を作れば良いし、テクアップもできる
何かのために節約してるのでなければ、なるべく全て100以下を目指して使うように
最も腹が立つのは2000もの資源を余らせてゲームに負けることだ

-プレッシャーをかけ続ける
これは特に対ギリシャ戦において重要だ
ギリシャが英雄時代に入るという事は北欧にとっては死を意味する
荒らしもプレッシャーの一手段として使える
もし相手が守りがちになれば積極的に攻撃してくる事は減るし、
ユニットが増えるまで積極的には出てこないだろう
つけ加えて言うと、プレッシャーをかけ続けることで恩恵も溜められる

-負ける戦は戦わない
これはどの文明でも共通に重要だが、オーディンにとってはより重要だ
北欧の軍隊の生産時間は遅いので、
軍隊で負けるとそのまま負けてしまう事もある

-カラスで探索をし、情報を集める
しばらく使った後、見失う事がよくあると思う
私もよく忘れるのだが、もし思い出したらカラスを使うようにしよう
相手が何を建てているか、どこに農民がいるか、相手がいつTCを建設にきているか
といった事を見るときの手段としてカラスを使うといい
これはオーディンのボーナスであり、
使わないという事はボーナスを失うのとなんら変わらない
もし使うつもりがないのであればトールでプレイすればいい話だ

英雄時代

ニョルズ:
もしまだ海戦が続いてるようであれば、クラーケンを手に入れられる
マウンテンジャイアントも木や金が足りない場面であれば、
素晴らしい攻城兵器になってくれる
木霊も使いやすいGPで、これで相手が大損害を被る事もある
ニョルズで進化する場面は
海マップの場合、強力な攻城兵器が欲しい場合、
相手の要塞やTCを壊す必要がある場合(木霊を使う)、
ヤールを沢山使う場合(腕輪を与えしもの)

スカジ:
丁度ニョルズの正反対で、スカジは陸マップにおいて強い
畑のテクノロジーとフランカスロウの性能アップが主な理由だ
フロストジャイアントも的確に操作すれば強力なユニットになる
スカジで進化する場面は
守備的な戦略をとる場合(結氷、猟婦の斧)、畑を多く張る場合(2毛作)、
相手が歩兵を多用してくる場合、
ヒュドラやマウンテンジャイアントのような強力な神話ユニットを使ってくる場合
(フロストジャイアントと細かな操作が必要)

英雄時代に入るとヒルフォートとそこから出るユニットが戦略の重要な要素になる
それに英雄期の神話ユニットを加える事で更に軍隊に攻撃力が備わる
そのため恩恵を賢く使うのが重要だ
多くの場合はヤールが軍隊の核になるだろう
英雄期の軍隊編成は少なくともヤールを10以上入れ神話ユニットや射手を狙っていく
ヒルフォートはまた、マップコントロールでも役に立ってくれる
建てれるだけ建てていこう
また、私はヒルフォートの徴兵を研究するようにしている
食料300のコストがかかるが、ヤールやハスカールの生産時間が9秒から7秒になる
それと、市場を建て交易を始めるのもいいだろう
それほど沢山出す必要はないが、5〜10位の荷馬なら気にもならないはずだ
英雄期の後半にはケリをつけておきたいところだ

神話時代

チュール:
私はAoMの時なら常にチュールを選んでいたが、今は違う
勇気研究のハスカール、5匹以上貯まったフェンリスウルフ、
ベルセルクギャングはどれも素晴らしい
しかし、拡張版になってからはフランカスロウが対歩兵ですらあまり役に立たず、
フェンリスウルフも弱くなり、チュールは全体的に弱体化した
相手が文字通り射手と建物だけ、という場合を除けばチュールはお勧めしない

バルドル:
神話時代ではこちらが最善の選択だ
ファイアジャイアントが強く、まだレイダー騎兵を使うのであれば、
スレイプニルの末裔が非常に役に立ってくれる
それにラグナロクもティタンを建造したり返すのに最適なGPだ
ドワーフの錘もなかなか使える
バルドルを取る場面は特に、相手がティタンを作ろうとしてる場合や、
自分でティタンを出したい場合には必ずこちらでいくといい

神話時代まで長引く事はそれほど多くも無く、
できるだけここまでもつれ込むのは避けたほうがいいのが実際のところだ
一番の魅力としてとして、バリスタが使えるようになる
ヤールやフランカスロウといった壁の後ろから、
5-6のバリスタで狙撃するのが北欧の最も有効な組み合わせである上に、
オーディンのボーナスでヤールとバリスタが+10%、
他のヒルフォートユニットも+20%のHPボーナスを得られるのでさらに強力になる
この時代になるとマップコントロールが全てといっていい
それと、使えるテクノロジーは全部研究していくといい
他にはあまりいう事も無い
ああ、そうだ。できるならティタン建造を忘れずに

戦略

オーディン使いとしてその能力を完全に発揮させたいのであれば、
豊富な戦術を学んでいく必要がある
これには荒らし、ラッシュ、即英その他色々含んでいる
これらの理解を深めれば相手の意表をついたり、
違うタイプの敵にも対応できるはずだ

荒らし

荒らしにも方法が色々とあるにはあるのだが、
その全てに関して細かく話せるわけではない
基本的に知っておいて欲しいのは何を荒らすのかというのと効果的な荒らし方だ
まず、なるべくフレイヤで進化する
一旦古典に入ったらカラスで出張農民を探し、ワルキューレを相手のTC近辺へ送る
ワルキューレはかなり早く着弾するので荒らしたり情報収集をしながら、
レイダー騎兵を生産でき次第送って相手の経済を封殺する
最初に4人のRCが産まれたら送り、その後少しずつ増やしていくのをお勧めする
相手を追い詰めるのに14〜16程度レイダー騎兵がいれば十分な力になるが、
8人位ずつ小分けにするのも効果的だ

荒らしをする時に心に留めておいて欲しい事をあげていくと

-銃眼付胸壁は天敵だ
相手がこれを研究してるのに気づいたら、荒らしの選択肢としては2つある
大集団で荒らすか荒らすのをやめるかどちらかだ
私の意見としては、相手は荒らしがやむのを期待してるのだろうから、
そこで荒らしをやめないほうがいいと思う
中装化や貫通防御を上げる代わりに、
恩恵の貯まっている分だけワルキューレを混ぜて15以上の騎兵集団を作る
そして荒らしを再開し、鍵になっているタワーを壊してしまうといい
雷鳴のひづめが研究できるようならそれも研究しておくといいだろう
相手の守りを崩せれば相手へのダメージがこちらの被害を上回る結果になるだろう
以上が慎重な荒らし方だ
こちらの被害よりも相手への効果が上回る時だけ荒らしをすればいい

-カラスを使って計画を立てる
空を飛ぶ斥候を持っているのはオーディンの荒らし能力を大幅に上げてくれる
フレイヤと組み合わせる事で、相手の農民がどこにいるかを常に把握し、
森を焼き、神話ユニットを早期に荒らしに使え、強力なレイダー騎兵を得られる

-荒らしてすぐに逃げる
荒らしにいってるのであって、攻撃しにいってるわけではない
そこへ行って相手を混乱させ運がよければ農民数人や牛車を殺す

-1グループ以上使う
少なくとも2グループ使うといい
そうすれば1グループが荒らしてる間にも他グループはHPを回復させていられる
このボーナスを無視しないほうがいい

-クリエイティブにいく
実際のところ相手も荒らしを撃退したり、できないようにしてくる
これは避けられない事なので、
気づいた時は混乱させたり、忍び寄ったり囮を使う必要がある

-いつ荒らしをやめるかを考える
上でもいったように相手も撃退しにくる
だが、実際のところまだ深刻なダメージには至っていないだろう
その場合には他の行動に移ればいい

ラッシュ

これは密かに進めるには素晴らしい戦略だ
相手やマップにより進め方も様々に異なる
時にヘイムダルを使い、また違う場面ではフレイヤを選ぶが、
どちらにしても常に頭に入れておく事がいくつかある

-常に軍隊を動かす
私が言いたいのは、ラッシュなのに座ってないで、
常に荒らすなりアタックをしかけるなり行動をするという事だ
両方やってもいい
こちらが何もしない時間が長ければ長いだけ、相手に増強の時間を与えてしまう

-相手の弱点を攻める
同じサイドから攻め続けるだけじゃダメだ
相手もそちらに建物やタワーを建てて止めにくる
代わりに違う方向からせめて行き、相手にどこからせめてくるか迷わせる

-相手の経済を封殺する
資源がない状態でどうやって守ればいい?
そうなればあとは沈んでいくだけだ

即英

この戦術は実際のところオーディンでの有効性は失われたが、
それでも対ラーや対セトの場合には使う事が時々ある
原始内政は食料をかなり多めにする
木材農民は3〜4人だけでいい
家や鉄工所など必要な建物の建設が終わったら、
一人だけを木に残して残りを食料や金に振ってもいい
私は普段6:40位に進化する
英雄ボタンを押したら進化後すぐヒルフォートを建てるため、
3〜4人を食料から剥がし木材へと移す
フレイヤ-ニョルズルートがこの戦略には一番向いている
これでオーディンの特徴を最大に活かしたヤールが生産可能だ
木材が貯まったら2,3個ロングハウスを建て、ヤールとフランカを量産する
それにマウンテンジャイアントを何匹か加えていき、
資源が貯まってきた時には素晴らしいゲームになるだろう
これは相手が早期にせめて来ない場合だけ有効だ

対ハデスブーム

私が一番困る戦術はTC三つをとったハデスブームだ
人々の悩みの種であろうが、ハデスのトクソは英雄時代でさえ脅威である
対ハデスではブームをされる前に止める
ハデスは前のTCを早期にとりにくるので、
相手がとりにきそうなTCの近くにロングハウスを建てるのが重要になる
ハデスのTC建造中の守りはキュクロプスに英雄だけだ
そこでワルキューレとヘルシルを2,3対、そして生産速度の速いウルフサルクで潰す
止めるだけで相手の戦略の裏をかくことができるし、進行を遅らせる事もできる
その上前にある相手のTCを奪えれば有利に進めていける
ハデスブームを返すには相手のTC建設を止める必要があり、
、 そして同時にこちらもブームをし英雄に入ったところで息の根を止める
荒らしもまた効果的だ

ラッシュから守る

オーディンは対ロキや対クロノスで重要な問題を抱えている
一つの鍵として覚えておいて欲しい事は防衛用に建物を建てる事だ
タワーや資源の周りに建物を建て、塔をできるだけ早くアップグレードし、
大量のフランカスロウとエインヘルヤルにヘルシルを混ぜて戦う
最大の利点は守備的であることなので、
なるべくタワーやTCからの矢が届く範囲内で戦うようにする
経済を守るのも重要な事だ
ある程度自陣以外にも拡散し、相手が予期せぬところで資源を集めるのも重要だ
また何箇所にもわけて相手を欺くのも可能だ
(例えば相手はTC近くで金を掘っているふりをすれば、
他のところで掘っているとはあまり考えない。それを利用する)
相手を一度押し返したらそのまま押し続け、レイダー騎兵を生産して荒らしてやればいい
その他にも、相手がラッシュをする前に止める方法がある
早めに2人目のウルフサルクを作り、相手のウルフを追跡したり賢者を攻撃する
賢者に視界を取らせなければ相手はタイムシフトできない

側面から攻める

これは軍操作においてとても重要な要素だ
対アトランティスや対ギリシャで使え、これで勝負を決められる事もある
私が好んでするのはカラスを使って相手の軍編成を確かめさせ、
トクソテスやケイロバリスタがいるかをチェックする
そして何をするかというとレイダー騎兵を作製し、
ある程度を相手の視界に入らないように隠しておいておく
こちらの歩兵で相手を広い場所に引き出させ、相手の射手をレイダーで側面から襲う
普段は守るのを選びやすい場面でも、こちらが騎兵を見せなければ、
相手が守備から離れる事が多いのでそこを叩き、
軍隊数で有利になったところで相手を荒らしたりして勝負を決めればいい
対アトランティスではそれでも難しい
私はワルキューレで横撃するのを好んでいる
相手が英雄化しない限りはカタペルテスは対ワルキューレで役に立たない

総括

まあ、まだ言える事はあるかもしれないが、もうネタは書き尽くした
それにタイピングするのも疲れた
私は後で文明によって特化した戦い方を投稿するかもしれないが、
今はこの記事と私が投稿したゲームを楽しんでくれ
この投稿がレートを少しでも上げるのに手助けになるのを望んでいるよ
コメントや訂正なども大歓迎だ

じゃ、お元気で

投稿されたゲームは参照元よりDLして下さい

Copyright (C) rtwiki.net